キイロスズメバチを業者を介さずに駆除する方法

衛生環境を守るために

作業員

毒餌や罠が必要

いつの間にか建物内に侵入し、繁殖力が高いネズミを駆除するには毒餌や粘着シートといったトラップを仕掛ける必要があります。また、ネズミは賢く、仲間が罠にかかると警戒心が強くなるため定期的に罠の場所を変えることが望ましいです。ネズミは同じ場所を通ることが多く、足跡や糞尿が残っていれば、それを手掛かりにネズミ駆除の罠を仕掛けるという特徴があります。さらに、小さな穴でも通ることができるため、新たにネズミが侵入するのを防ぎ、徹底したネズミ駆除をするという意味でも、穴を塞いでしまうのが特徴です。完全に塞ぐことができない通気口や排水管などには金網やメッシュ素材のものを使用して塞ぐと、換気や排水をしつつネズミ駆除ができます。このようにトラップを仕掛ける、建物内に侵入させないというのがネズミ駆除を行ううえで最も大事なことです。

衛生的被害を防ぐためにも

ネズミが住み着いてしまうと、壁や電気系統のケーブル、食品などがかじられてしまうという被害を受けます。また、ネズミが持ち込んだダニやノミといった寄生虫による被害、病原菌による感染症などの健康被害も懸念されています。そして、衛生的被害を防ぐためにも、衛生管理をしっかりと行わなければならない飲食店、宿泊施設だけではなく、工場や一般家庭などにおいてもネズミ駆除は人気があります。さらに、一度ネズミの被害に遭うと精神的なストレスを感じることから、定期的にネズミ駆除を行うケースが多いです。ネズミを駆除、退治することは建物や食品などの被害を防ぐだけではなく、人への健康被害を防ぐという目的もあり需要があると言えます。