キイロスズメバチを業者を介さずに駆除する方法

安全に退治する為に

蜂

空のペットボトルが便利

キイロスズメバチはスズメバチの中でも最も人間に危害を加えると言われています。体の大きさはスズメバチの中でも小さい方ですが、その性格は凶暴で、攻撃性がとても高いです。巣に気づかずに近くを通ってしまうと集団で襲ってくる事があります。家族がけがをしないためにも、キイロスズメバチを一匹でも見かけたら駆除するようにしましょう。一匹で行動している場合、女王蜂が巣をつくる場所を探している可能性が高いです。駆除するのに便利なのが空の二リットルのペットボトルです。このペットボトルの中に誘引剤を入れて、女王蜂をおびき寄せます。女王蜂を駆除することができれば、巣作りと産卵を防ぐ事ができます。罠を作るには、まずペットボトルに女王蜂が侵入できるように切り込みを入れ、ボトルの中に酒、酢、砂糖を溶かしたものを入れておきます。これを子供が触れられないような木の枝に仕掛けておくようにしましょう。酢や砂糖の他にも、オレンジジュースで代用することができます。しかし、匂いが強いと他の昆虫が引っかかってしまう場合があります。罠にかかるまでに時間がかかる事もあるので、罠を仕掛けたら一週間は様子を見るようにしましょう。

時期に気をつける

蜂の世界では女王蜂が一匹で越冬、巣作り、産卵をします。そのため、罠を仕掛けるのも巣作りを行う前に仕掛けるのがベストです。女王蜂は春になると産卵するための巣作りを行います。ペットボトルの罠も3月の中旬から下旬ごろには仕掛けるようにしましょう。この時期を過ぎてから仕掛けても、女王蜂ではなく働き蜂がかかる可能性があります。うかつに近づくと仲間が襲ってくる事があるので、時期を過ぎたらプロの業者に駆除を依頼するようにしましょう。個人でキイロスズメバチの駆除をする場合は、殺虫スプレーが効果的です。厚手の服を着て、活動を休止している夕方以降に巣に向かってスプレーをかけるようにしてください。また、キイロスズメバチは柔軟剤の匂いにつられてやってくることがあります。この場合は精製水にハッカ精油を混ぜたものを物干し竿にスプレーするようにしましょう。

衛生環境を守るために

ネズミ駆除の特徴は、定期的に毒餌やトラップを仕掛ける、建物内への侵入を防ぐために壁などに開いている穴を塞ぐことです。建物内の衛生環境を守る、人への健康被害を防ぐという意味でもネズミ駆除は人気があります。

穏やかな生活を取り戻す

鳩による被害の悩みは、専門業者に依頼して対策をしてもらうことで解消できます。対策設備は正確に設置してくれるので、危険を伴う確認作業などは行わずに、落ち着いて効果が出るのを待ちましょう。

費用をなるべく抑えるコツ

ねずみ駆除の適正料金を知るためには、複数社の見積もりを一括で算出してくれる無料一括見積もりサービスが便利です。ねずみを放置するとねずみ算式に増えますし、家電類のケーブルを齧られるなどの被害も拡大します。早めにプロに連絡することが、料金を安く抑える秘訣です。